■上部頚椎って ?

上部頚椎1番=アトラス
上部頚椎1番=アトラス

上部頚椎1番目=アトラス

アトラスとは、頭蓋骨に接した上部頚椎で、宇宙を支える神という意味を持ち、まさに人間の宇宙=頭を支えています。

頭蓋骨に接している部分は、2箇所の点に過ぎず、非常に歪みやすい場所です。

上部頚椎2番=アキシャス
上部頚椎2番=アキシャス

上部頚椎2番目=アキシャス

アキシャスは写真を見てもらってわかるように、仏様が座っている形をしています。

この骨は、人が亡くなり、火葬されたとき、骨壷に最後に入れるとされている骨です。

人間の頭は、左写真のように、上部頚椎の1番目(アトラス)と2番目(アキシャス)という小さな骨によって支えられています。

人間の頭は成人で5~6kgの重さがあり、ちょうど、ボーリングの玉ほどの重さの頭をこの小さな骨、ふたつで支えていることになり、大きな負担がかかっています。

また、首が左右前後に大きく動くためには、上部頚椎の稼動域は大きくなければならず、そのため、非常に歪みやすいものとなっています。

 

また、アトラス=宇宙を支える神とアキシャス=仏様からなる上部頚椎は、人にとって大切な頭部を支えている場所であり、人間にとって非常に大事な場所です。




上部頚椎が歪むと・・・?へ 

■診療時間

   10:00~20:00

  *24時まで診療可能です。

  お勤め帰りにいかがですか?

  電話にてご相談ください。

 

■電話受付時間

   10:00~18:00

時間外の受付は転送電話にて対応いたします。

■休診日:毎週月曜日

     (及び不定休)

インターネット予約ボタン

★特に当日予約は、予約が埋まっていても可能な場合がありますので、お電話ください。

初めての方初回料

 2100円→無料!

*中高生以下のご予約は【大人】でご予約後、コメント欄にお書きください。

横浜市営地下鉄 センター北駅